.

以前に牛乳配達のアルバイトをしていたことがあります。早朝のアルバイトを探していたので、牛乳配達はもってこいのアルバイトだと感じていました。しかし実際に働くのは早朝というよりも深夜でした。午前2時半には牛乳が置いてある倉庫に行かなければならず、2時に起きて車を運転し、倉庫に向うという日々でした。しかし体を動かす仕事でしたので、非常にすがすがしかったです。配達は自家用車で行いましたが、ラジオを聞きながら楽しく仕事をしていました。朝方になると日がだんだんと昇ってきて、明るくなります。これが何ともいえない爽やかさをもたらしてくれました。牛乳配達は7時半までには終了させなければならないという決まりがありました。冬などは日の出が6時半ごろでしたので、日の出は仕事終了時間が残り1時間であることの合図でした。ときには配達がスムーズにいかず、日の出を見てハラハラしたこともありましたが、これも今となってはよい思い出です。

Copyright (c) 2000 www.villarrubialaw.com All Rights Reserved.