.

投資商品は数多くありますが、そのほとんどに共通している点が1つあります。まず「何かを買って、その後に発生する収益を狙う」という点です。 例えばFXは外貨を用いた投資方法ですが、あれは外貨を買うという考え方が基本になります。買った外貨の価格が上昇すれば、利益が発生することになるのです。株式投資や先物取引も、それと同様の考え方になります。 それと不動産投資の場合も、まず物件を買うことになります。そして家賃収入や物件の価格の上昇などでの収益を狙うことになる訳です。 債券も同様です。まずは一度国債や地方債などを買って、それを保有します。そして債券の金利によって、利益が発生するという仕組みです。 また太陽光発電を用いた投資方法の場合は、まずはソーラーパネルなどの発電設備を購入する必要があります。 上記のFXや不動産投資や債券や太陽光発電は、全て何かを購入しています。その後で利益が発生する仕組みは各商品ごとに異なりますが、一番最初に何かを「購入」するという点だけは共通しています。 つまり投資では、まずは何かを買うことが基本になるわけです。

Copyright (c) 2000 www.villarrubialaw.com All Rights Reserved.